シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

キレキレのアイアンショットを打つためのコツ その1 正しい手順と問題点を理解しましょう

time 2017/10/10

キレキレのアイアンショットを打つためのコツ その1 正しい手順と問題点を理解しましょう

キレのあるアイアンショット 」、アマチュアゴルファーが憧れるフレーズではないでしょうか?

今回はダフリやトップとは無縁な、キレのあるアイアンショット を打つためのコツを説明します。

 

sponsored link

キレのあるアイアンショットを目指すには!?

アイアンショットのダフリとトップは、アマチュアゴルファーに共通する悩みの1つ。

プロのように綺麗なターフを取ることまでは望まなくても、「 シュパッ 」とキレのあるアイアンショットを打ちたいものですね。

その打ち方をマスターする方法を考えてみましょう。

 

キレのあるアイアンショット を打つためには、正しい手順を積むことが上達の早道です。

しっかりとその手順を積んで、キレのあるアイアンショットをマスターしましょう。

 

先ずはその手順を確認して下さい。

① ダフリとトップの状態を正しく理解する。

② ダフリとトップになりやすいスイングの問題点を理解する。

③ ダフリとトップを防ぐスイングにトライ。

④ クラブヘッドをコントロールするコツをつかむ。

⑤ キレキレのアイアンショットの一歩手前の打ち方をマスターする。

⑥ 最後の仕上げで切れ味を磨く。

 

以上の6項目です。

ここからは① ~ ⑥ のそれぞれの内容を説明します。

 

① ダフリとトップの状態を正しく理解する。

簡単なアプローチショットの打ち方 コントロールショット編 その2 】でも説明していますが、ダフリとトップは正反対なミスと思われているかもしれませんが、実は紙一重の差によって分かれてしまう同類のミスなのです。

実はどちらの場合も、クラブヘッドの軌道がボールの手前、つまり右側の位置で最下点になっています。

その最下点の時に、クラブヘッドのソールが地面に引っかかってしまった時がダフリ。

クラブヘッドが地面に触れずに、ボールの手前から上昇していく途中でボールにとらえた時がトップになります。

ここで勘違いしてはいけないのが、アマチュアゴルファーの場合は、クラブヘッドの軌道がダウン軌道の途中で、薄めにボールに当たってしまうようなトップの現象はほとんど起こっていません。

このようなダウン軌道の中でトップになる状態は、プロゴルファーのような上級者や、スイング軌道が大きくバラついている初心者に限られます。

この点を勘違いしていると、問題の解決に苦労することになるので、正しく認識しましょう。

 

② ダフリとトップになりやすいスイングの問題点を理解する。

それではどうしてアマチュアゴルファーは、スイング軌道の最下点がボールの手前になってしまうのか?

その要因はいくつもありますが、どの要因にとっても「 身体の起き上がるタイミングが早い 」という動きの特徴が付きまとっています。

そしてこの「 身体の起き上がるタイミングが早い 」ことが、プロゴルファーとの大きな違いであって、ダフリとトップ以外のあらゆる問題点の原因にもなっています。

 

この「 身体の起き上がるタイミングが早い 」というのは、どのような動きかと言うと、その中にも種類があって、

スイング中に身体の前傾角を起こすタイミングが早い。

単純なヘッドアップ。

❸ インパクトからフォローにかけて、プロゴルファーのような腕を伸ばすことが出来ずに、肘が曲がった状態でクラブが上がって行く。

左膝の伸びあがるタイミングが早い。

単純にボールを上げようとして、身体を起こす。

自分のダウンスイングの勢いを身体が受け止められずに、クラブを下ろした反動で身体が起き上がる。

 

アマチュアゴルファーのスイングには、必ずこの中のどれかの動き方が当てはまっていて、中には全ての要素を備えてしまっている人もいるでしょう。

皆さんもどれかが当てはまっていませんか?

 

この点がプロゴルファーは確実に違っていて、たとえ❶ ~ ❻ の動き方をしているように見えたとしても、実際はクラブヘッドがボールをとらえた後の動きになっています。

ところがアマチュアゴルファーは、クラブヘッドがボールをとらえる前に、これらの動きが出てしまうので、ボールの先のターフを取るどころか、実際にはクラブヘッドがボールに届かない状態になっているので、ダフリやトップになってしまうのです。

 

それではボールに届かないのに、何故ダフるのか?

それは本人の意思と感覚とは別のところで、身体が勝手にボールに届かないと判断して、ダウンスイングのスイング軌道を勝手に変えて、ボールに合わせようとするからです。

その動きが出るタイミングがインパクト直前なので、鋭角に地面にアタックしてしまうのです。

多少のダフりならまだしも、飛距離を大きくロスするダフりを皆さんも経験したことがあると思いますが、単なる素振りを繰り返しても、そのような激しいダフりはなかなか起きません。

しかし実際にボールを打つという意思が加わると、あなたの隠れた感覚が勝手に余計な動きを加えていると思って下さい。

したがって、大きくダフッてばかりの人は、自分の意思ではない勝手な動きを、うまく抑制する意識も持ちながら、❶ ~ ❻ の動きを改善する必要があります。

 

一方でトップの場合は、この隠れた感覚の勝手な動きが出なかった、または抑えられたということなので、単純に身体の起き上がりのタイミングが早かった分だけ、ボールに届かないのでトップという現象になっているだけです。

つまりこの場合のトップは、身体が勝手に余計な動きをせずに、綺麗なスイング軌道が作れているので、このようなトップボールばかりになっている人は、もう少し❶ ~ ❻ の動きを改善することが出来るなら、ナスショットはすぐそこにあるということです。

 

 

今回はキレのあるアイアンショット を打つための、正しい手順と①と②の問題点を説明しました。

次回は、そのスイングの内容について説明する予定です。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング