シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

プロフィール

はじめまして、Luke ( ルーク ) と申します。

ゴルフが大好きな元プロスポーツ選手です。

好きなゴルファーは勿論ルーク・ドナルド。

本来ならば、元プロスポーツ選手なので本名で、とも思いましたが、ゴルフに関してはアマチュアなので、このブログではLuke ( ルーク ) でお願いします。

 

僕は現役時代からゴルフ好きだったのですが、本業が忙しく、練習にもラウンドにもなかなか行けず、ゴルフ番組やゴルフ雑誌を見てイメージトレーニングを続ける日々でした。

数少ないラウンドの時には、気合い満点で臨んでいました。

引退後はゴルフ三昧の日々を夢見ていたのですが、残念ながら現役時代の怪我の影響で、ゴルフのプレーが困難になってしまいました。

それでもテレビ観戦だけでゴルフを楽しむのは物足りないと、自分の奥さんや友人達へのゴルフコーチを趣味として始めることにしました。

現役時代から後進の育成も手掛けていて、他人への技術指導は得意分野です。ゴルフ番組やゴルフ雑誌でゴルフ理論を勉強し、選手達のプレーを分析してコーチングを開始。

ところが、ある程度までは順調に上達しましたが、各自がそれぞれ一定のレベルに達してからは伸び悩みが続きました。

多くても週に1回程度の練習と、ラウンド数も年間10~20回程度なので、当たり前と思われるかもしれませんが、なかなか90を切れなかったのです。

それ以上のレベルを目指すには、練習量を増やすしかないのか…とも思いましたが、従来のゴルフ理論は、スポーツの常識とは噛み合わない部分が多すぎることに疑問も感じていました。

そこで、これまでのゴルフ界の常識にはとらわれずに、道具を使うスポーツとしての独自理論を作り出す方向に作戦を変更することに。

もともと本業でも、常に新たな発想を考えながら現役生活を送っていたので、独自の理論作りは得意技です。

もっと自然な動きで、もっとシンプルに、そして好不調の波が少ない安定したプレーを目指すには…。

ゴルフ界の常識ではなく、スポーツの常識をもとにゴルフ理論を組み立てて行きました。

その成果は明らかで、最も練習量の多い ( …といっても週に1回ですが… ) 僕の奥さんは、90の壁を破った途端に、順調に80の壁も突破。

もっと練習量が少ない友人達も、次々に90を切れるようになってきました。

 

そしてその頃、世界のトップクラスの選手達のプレースタイルが、僕の考えてきたゴルフ理論に非常に近いものになってきていると気づいたのです。

彼らのプレースタイルも、職人技のようなゴルフから、ゴルフクラブとボールの進化に合わせて、スポーツ理論に基づいたシンプルなゴルフに変化しています。従来のゴルフ理論とは明らかに変わってきました。

その点に気づいてからは、僕のゴルフ理論の探求が非常に楽になりました。

世界のトップクラスの選手達のプレーを視点を変えて分析し、アマチュアでもマスター出来そうな技術を取り入れていく方法に変えました。

 

こうして出来上がってきたゴルフ理論 ( My理論 ) は、これまでの常識とされてきたゴルフ理論とはあらゆる点で異なっています。

それは…感覚的な部分を極力減らし、その日の調子に左右されない安定したシンプルなゴルフ。

 

そのゴルフ理論の第一の実践者である僕の奥さんは、アマチュアゴルファーとしてはごく一般的な週1回の練習と年間平均20ラウンドの中で、常に新しい試みを取り入れながら、ベストスコアは2015年に71をマーク。

昨年( 2016年 )の年間アベレージが83と向上を続けています。

その他の友人達も70台を目指して奮闘中。

彼らの協力を得ながら、このブログを展開していきます。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング