シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

松山英樹選手のスイングをアマチュアゴルファーが目指すためのコツ その3

time 2017/02/17

松山英樹選手のスイングをアマチュアゴルファーが目指すためのコツ その3

【  その2  】に引き続き、まるでゴルフロボットのような松山英樹選手のスイングをアマチュアゴルファーが目指すためのコツを説明します。

 

sponsored link

⑥インパクト 

アドレスの状態からほんの僅かだけ身体が左に移動しているが、彼のダウンスイングの強烈なパワーを考えれば、スイング中にこれ以上はアドレスの状態を再現することは不可能といえるほどの状態。

腰の向きもほぼ正面でインパクトを迎えている。

インパクトのグリップ位置もセンターで、頭の位置とグリップの位置とボールが作る3点の位置関係がほぼ一直線上になっている。

この形をハンドジャストと呼んで下さい。

注目点は、このインパクトの形が出来れば、「 左の壁  を作る意識は必要ないこと。

松山英樹選手と比較すると多くのプロゴルファーは、身体はもっと左に移動していて、腰の面はもっと左を向いている。

グリップの位置も左になるので、ボールとグリップ位置の延長戦上は頭ではなく左肩になっている。

ドライバーショットではハンドファーストになり過ぎないように、必然的にボールの位置は左にセットされる。

このようなスイングでは、インパクト時には左の壁を作る意識が必要になる。

 

⑦フォロースルー 

両腕が伸びたままの大きなフォロースルーで、頭の位置と向きはインパクト時のままキープされているのが特徴。

身体の位置もアドレスに近い位置をキープされたままなので、左の壁が必要ないことが分かる。

注目ポイントは、全くアームローテーションがされていない腕の形。

⑥ ダウンスイング途中からの流れで、アームローテーションが必要ないからだ。

ここまで出来るのはまさにゴルフロボット。本当に凄いスイング。

しかし残念ながら、アマチュアゴルファーがこの動き方を忠実に再現することはお勧めしない。

インパクト後の頭の位置を松山英樹選手のように残すのは、首や背中を痛める可能性が高い。

松山英樹選手のようなハードなトレーニングと入念な身体のケアがあるから可能になる動き。

アマチュアゴルファーには過剰な負荷は禁物。

プロゴルファーが首や背中を痛める場合も、この動き方を追及しすぎている可能性が高い。

松山英樹選手には長く活躍して欲しいので、もう少し負荷を逃がすような動きが良いのだが…。

両腕が伸びたフォロースルーも出来る範囲で目指す程度で十分。

その点にこだわりすぎて無理な意識が出てしまうと、せっかくここまでうまく出来てきたスイングの流れが逆に崩れかねない。

勿論飛距離と方向性のアップに効果はあるものの、多少ひじが曲がったままでもスコア70台は十分可能。

また、通称「 猿腕 」と呼ばれる腕の特徴を持った人は、この両腕が伸びるフォローは作りにくい。例えば藤本佳則選手も「 猿腕 」だと思うが、両ひじが曲がったままのフォロースルーになっている。

したがって、この⑦フォロースルーでは重要となるコツは特になく、イメージだけ参考にすればOK。

その代わりこの地点での重要な注意点が1つ。

それは、フォローでクラブヘッドを無理に加速させる意識は必要ないこと!

松山英樹選手のスイング、すなわちゴルフロボット打法には不要な理論。

フォローでのクラブヘッドの加速は、よいスイングによる回転運動で生まれる遠心力と慣性力のエネルギーでクラブヘッドが自然に加速されるもの。

多くのプロゴルファーは、インパクト前後にアームローテーションでクラブヘッドを返す操作しているので、その動き方によって加速させているように感じるだけ。

プロゴルファー、プロコーチともに、アマチュアゴルファーに対して必ず指導してくるポイントだが、スイング中に加速させようとする動きを無理に加えることはバランスを崩すだけ。

 

⑧フィニッシュ 

左足の上に乗った見事なフィニッシュ。

松山英樹選手のフィニッシュだけを見ると、おそらくプロコーチは「 左に体重移動が出来ているスイング 」として体重移動の重要性を説いてくるだろうが、それは間違い。

松山英樹選手のフィニッシュは、左方向へスイングした強烈なエネルギーが作り出す自然な形

アマチュアゴルファーはそこまでのスイングパワーは発生しないので、たとえ松山英樹選手になりきれても、もっとセンター寄りの位置でのフィニッシュになるが、その点は気にする必要はない。

 

ここまで3回に分けて松山英樹選手になりきるコツを説明してきました。皆さんに上手く伝わったでしょうか?

練習量の少ないアマチュアゴルファーはそれぞれのクセや特徴を生かすべき。

クラブヘッドとフェース面の回転運動の全体像をイメージして、あまり細かい動きの形にとらわれずに自分のスイングを作りましょう

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング