シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

ラフからの打ち方は「ラフ専用」クラブを使えばとても簡単! これで夏ラフも怖くない!

time 2017/05/20

ラフからの打ち方は「ラフ専用」クラブを使えばとても簡単! これで夏ラフも怖くない!

今回はラフから誰もが簡単に打てる方法を説明します。

 

sponsored link

夏ラフ攻略には専用クラブを用意

ラフからのショット、冬場や春先の芝の短い場合は意外に打ちやすいものですが、夏ラフとなるといきなり難易度が上がります。

 

飛ばない、引っかかる、うまく打てたらフライヤー、等々と悩みが尽きません。

特に女性ゴルファーにとっての夏ラフは、非常に手強い相手です。

 

そんな夏ラフの攻略法は、適したクラブと打ち方を組み合わせれば、とても簡単に打つことが出来ます。

まるで魔法のように簡単に飛んで行き、引っかかることもなく、フライヤーの心配もいりません。

皆さんもその魔法を使ってみませんか?

 

ラフに適したクラブの選び方

魔法のように打てる秘訣は、まずは「 ラフ専用 」のクラブ選びです。

そのクラブとは、27°のユーティリティ。その中でもフェースプログレッション( FP値 )が大きい物、出来れば「 出っ歯 」のタイプを選んで下さい。

このクラブを「 ラフ専用 」として割り切って用意することが出来れば、ラフからのショット、特に夏ラフからのショットは、逆に打つのが楽しいくらいに変わるでしょう。

またこの「 ラフ専用 」クラブは、【 失敗しないランニングアプローチの方法 「ユーコロ」でプロ並みにピンを狙おう! 】でも説明したように、グリーン周りのアプローチでも非常に強力な武器になるので、特別に1本用意してもけして損はありません。

シャフトのフレックスは、普段使っているユーティリティよりも少し柔らかめがよいでしょう。例えば普段Sを使用していればSRかRにして下さい。

シャフトの重量はあまり軽くないほうが打ちやすいと思います。

ロフトは27°がベストなのですが、25°~30°ならばOKです。

この条件でクラブを探すと選択肢はかなり限られてきます。

具体的な例だと、だいぶ古いモデルのキャロウェイの「 Xユーティリティ 」と「 X DRSユーティリティ 」がかなりの「 出っ歯 」なので非常に使いやすく、実際に友人達にラフから打ってもらうと一発でその簡単さに感動して、全員がこのクラブを中古で探して購入しています。

このクラブを探し出せれば、かなりの低価格になっているので、お試しで使ってみるには最適でしょう。

なかなかよいクラブが見つからなければ、「 出っ歯 」までいかなくても「 ストレート 」タイプでも十分な効果があります。

重要なポイントは27°前後で、少し柔らかめのシャフト、FP値が大きい、この3点です。

ラフからのショットをユーティリティで打つように推奨しているケースはありますが、ただユーティリティを選択するだけでは不十分なので、この3点をしっかり組み合わせて下さい。

 

ラフ専用クラブの打ち方

それでは打ち方を説明します。

打ち方は通常のショットよりも少し変えて下さい。

ボールをセンターに置き、下半身をなるべく動かさずに、「 手打ち 」の感覚でクラブを振りながらも、ボールの前後のヘッド軌道を大きなRを描くイメージでスイングして下さい。

左の肩甲骨をうまく使えれば、より大きなRを描くことが出来ます。

コックを使ったり、肘をたたんだりして、上から打ち込むことはNGです。

「 バシッ 」と打つイメージではなく、芝と喧嘩しないように「 シュパ~ 」というイメージで打つだけで、必要十分な飛距離を得ることが出来ます。

一点だけ注意して欲しいのが、ヘッドを浅めに入れることです。

今回の打ち方に限らず、アマチュアゴルファーのラフからのショットの場合は、ヘッドを深く入れすぎる傾向があります。そんなに深くヘッドを入れなくても、ちゃんとクラブが仕事をしてくれるので、浅めにヘッドを入れるように心がけて下さい。

 

ラフの程度にもよりますが、この打ち方でヘッドスピードが40m/sの人なら、180ヤードくらいは飛んでくれるので、あとはスイングの強度を調整して飛距離をコントロールして下さい。

例えば150ヤードなら150÷180=0.833なので8割のショット、というように調整すれば、130~180ヤードくらいの範囲を打ち分けることは、意外に簡単に出来るようになるでしょう。

フェアウェイからのショットでは、どのクラブを使っても、1本のクラブで距離を自在に打ち分けることは、それほど簡単ではありません。

ところが、「 ラフ専用クラブでラフから打つ場合は、意外にも距離の打ち分けが容易に出来るのです。

女性の場合でも、150ヤードくらいまで飛んでくれるので、100~150ヤードくらいを同様に計算して、打ち分けることは十分に可能です。

そしてこのラフからのショット、不思議なくらいグリーン上でボールが止まります。

例えば同じラフから、「 ラフ専用 」クラブとアイアンを打ち比べれば、「 ラフ専用 」クラブのほうがランは半分以下、というよりもパラシュートのように狙った所に「 ふわり 」と着地してくれます。まさに魔法のように…。

 

一般的に夏ラフからのショットは、アイアンで打つことが多いと思いますが、ここは発想を変えて「 ラフ専用 」クラブを試してみて下さい。

 

ラフ専用クラブはアマチュアゴルファーの特権!?

この「 ラフ専用 」クラブ、もしプロゴルファーが使ったら笑いが止まらないほど夏ラフが簡単になると思うのですが、27°のユーティリティを使っているプロはほとんどいないので、残念ながら体感する機会はないかもしれません。

そもそもプロの場合は14本でも本数が足りないくらいなので、本数的にもラフ専用のクラブを用意することは難しいでしょう。

その点でアマチュアゴルファーの場合は、14本を有効に使い切っている人は少ないと思うので、あまり使用していないクラブを1本抜いて、思い切って「 ラフ専用 」クラブを入れてみませんか?

何のクラブを抜くか迷うなら、まずは3Wを抜いたほうがよいでしょう。

 

※もしこの「 ラフ専用 」クラブがフェアウェイからでも打ちやすいなら、それはそれでラッキーなので、より有効にご活用下さい。

 

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング