シンプルゴルフ ラボ

ゴルフをもっと簡単にするための研究室

シーズンオフにやっておきたい練習方法 正しいスイング軌道を身につけましょう!

time 2019/12/17

シーズンオフにやっておきたい練習方法 正しいスイング軌道を身につけましょう!

ゴルフのレベルアップのためには、シーズンオフの練習が重要になってきます。

そこで今回は、このシーズンオフに皆さんに一度試してもらいたい練習方法を紹介します。

sponsored link

一度試してもらいたい練習方法

多くのゴルファーにとって、冬期間はどうしてもラウンドの機会が減ってしまうものですが、こんな時期だからこそ、自分の課題克服やレベルアップに向けてじっくりと取り組みたいものですね。

そこで是非一度試してもらいたい練習方法あるので、その内容を紹介します。

 

自分のスイング軌道を確認する方法

その練習方法が下の写真のように、テープで理想とするスイング軌道の目印を作って、その軌道に沿うようにスイングする練習方法です。

実際にスイングして、クラブヘッドの軌道が目印の白線の上に沿っていればOKですが、実際にやってみると、テープの軌道からはかなり外側に外れているはず。

そしてその違いは、練習場よりもコースのほうがもっと大きくなってしまうものなのです。

こちら 】で紹介したように、ほとんどのゴルファーは、自分が目指すべき理想のスイング軌道を理解していて、その軌道になるようにスイングしているつもりなのに、残念ながら現実は全く違うスイング軌道になっています。

このような、「 やっているつもりのスイング 」と「 現実のスイング 」のギャップがゴルフを難しくしている大きな原因であり、そのギャップが少なくなっていけば、ゴルフはどんどん簡単なものへと変わっていきます。

知識やイメージだけでは不十分なので、今回の練習方法で、実際の自分のスイング軌道を自分の目で確認してみましょう。

 

理想のスイング軌道に正しく乗せるためには…

実際にこの練習方法を試してもらえば分かりますが、ほとんどの人のクラブヘッドの軌道が、このテープよりもアウト側になっていると思います。

その一番の原因は、ダウンスイングへ切り返す時に、下半身が先行して左に回転しているために、上半身も下半身に連れられて大きく開いてしまっているからなのです。

切り返した瞬間に、急に正しい軌道から外れて、カット軌道に変わっています。

そのようにスイング軌道が、一旦カット軌道に変わってしまったものを、ダウンスイングの途中で無理やり正しい軌道に戻そうとするのは至難の業。

小手先の操作で無理やりスイング軌道を修正したとしても、単なる「 手打ち 」状態になるので、それでは飛距離も精度も上がりません。

下の写真を見て下さい。

この写真の状態は、ダウンスイングに切り返した時に、一旦カット軌道になってしまったものを、ダウンスイングの途中で無理やり正しい軌道に乗せた時のものです。

このような状態だと、写真のように、一見クラブヘッドは正しい軌道には乗っていますが、フェース面は大きく開いてしまっているので、インパクトまでにスクエアに戻す作業が間に合いません。

そこでこのような状態を避けるためには、ダウンスイングに切り返す時に、「 下半身に連れられて上半身が開いてしまわないように… 」、そして「 インパクトまでにしっかりとフェース面が戻るように… 」ということを意識して、ダウンスイングを開始して下さい。

どのようにすれば、目標とするスイング軌道に自然に乗せられるようになるのか!?

自分なりの感覚で、ダウンスイングに切り返す瞬間の正しい動きを身につけられるように、『 素振り 』を繰り返して感覚をつかみましょう。

 

目指すべき軌道は、白線に沿ったアッパー軌道!

目標となる白線のスイング軌道の上に、クラブヘッドをしっかりと乗せられるようになったら、その軌道のままで、なおかつ緩やかなアッパー軌道でボールをとらえられるようにしましょう。

目標の白線の右端辺りが最下点になり、そこから緩やかなアッパー軌道でボールをとらえることができれば、最適なスピン量のドライバーショットが打てるようになります。

この『 アッパー軌道 』を身につけるための考え方は、【 ドライバーショット成功の秘訣! 】で説明しているので、そちらをご覧ください。

 

今回のまとめ

今回説明したように、目標とする白線の上をクラブヘッドが通り、そのまま『 ややアッパー軌道 』でボールをとらえることができれば、ドライバーショットはどんどん簡単になっていきます。

しかしそれを大きく邪魔をしてくるのが、上半身を開かせてしまう下半身が先行する動きなのです。

飛ばそうと思えば思うほどに、下半身が先行する動きが大きくなり、スイング軸とスイング軌道が歪んでしまうので、ゴルフが難しくなっていきます。

無駄な動きをしないように下半身を使うことができれば、今回の練習方法もすぐにうまくできるようになるでしょう。

ドライバー 】の記事も読んでもらいながら、シーズンオフのレベルアップに結びつけて下さい。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

ブログランキング