シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

理想のスイングを手に入れる方法 その1 考え方と習得方法の説明

time 2018/01/28

理想のスイングを手に入れる方法 その1 考え方と習得方法の説明

ゴルフをもっと簡単にする方法として、【 ゴルフをもっと簡単にするためには!? その1 】~【 その5 】で、目指すべきスイングへの考え方を説明してきました。

今回からは、その考え方に基づいた理想的なスイングを身につける方法を説明します。

 

sponsored link

理想的なスイングとは!?

目指すは『 究極の素振り打法!!

ゴルフを簡単にするためには、「 素振り 」のように気持ち良く振り抜けて、なおかつ飛距離と精度が高い、というスイングを身につけたいものです。

そんな夢のようなスイング作りに挑戦してみませんか?

その理想的なスイングを表現するなら、『 究極の素振り打法 』です。

 

従来の「 素振り 」と実際のスイングの問題点

スポーツの中でも道具を使ってボールなどの対象物を打つ種目では、「 素振り 」を重ねてその基礎となるスイングを作ることが非常に重要な手順です。

ゴルフももちろん「 素振り 」でスイングの基礎を作るべきなのですが、一応「 素振り 」の重要性は唱えられてはいるものの、実際には他のスポーツよりも疎かになっているのが現状です。

そしてこれまでのゴルフ界の理論で問題だったのが、その「 素振り 」のスイングと、実際にボールを打つ時のスイングとの関連付けがされていませんでした。

「 素振り 」のスイングのままでは、ボールの位置が合わなかったり、インパクトでフェース面がアドレス通りに戻らなかったり、さらには下半身が無駄に大きく動きすぎている場合もあります。

そのため多くの人が、「 素振り 」のスイングのままボールを打っても、なかなかナイスショットにはならない現象が起きていました。

それならば、「 素振り 」に時間を使うよりも、実際にボールを打つ時間を増やしてしまおう…、というのが、これまでのゴルフ界の流れ。

ところがその流れが、ゴルフを難しくしている原因になっていました。

安定した正しいスイング作りが出来ていない状態で、ボールを打つ練習に入ってしまうと、自分の本来持っている「 振る能力 」を引き出せないまま、振ることよりも、クラブヘッドをボールに合わせることを優先するスイングになってしまうものです。

つまり現在のゴルフスイング作りは、まずはボールに当てることを最優先にして、そこからスイング作りを始めるような流れになっているのです。

そのような流れでは、スイングの注意点が多くなってしまうのは仕方のないことです。

止まっているボールをよく見ながら、「 クラブの上げ方 」「 トップの位置 」「 前傾の角度 」「 クラブの振り方 」「身体の使い方」など、チェックポイントを挙げたらきりがありません。

それではスムーズなスイングが出来ないだけでなく、飛距離が伸びないことも仕方ありません。

もっと伸び伸びとスイングしたいものですね。

 

ナイスショットが出来る「 素振り 」を身につける

そこで根本的な考え方を変えて、安定したスイング作りとナイスショットが両立出来る方法を身につけていきましょう。

もっと自分本来の「 振る能力 」を引き出せるような「 素振り 」をして、ボールに合わせる動きが不要な「 素振り 」のままのスイングで、ナイスショットが出来る方法。

その方法を身につけるためのトレーニング方法を考え出しました。

そのトレーニングによって、再現性が高く、気持ちよく振り抜けるスイングが出来上がります。

その名が『 究極の素振り打法 』なのです。

スイングの細かい注意点を極力減らして、ボールに合わせる動作をなくすことで、スイングが自動的にどんどんよくなっていく不思議なスイング理論です。

 

従来の「 素振り 」と違う点

従来の「 素振り 」では、フェース面をインパクトでアドレス通りに戻す意識が持ちづらく、下半身の動きも大きくなってしまう傾向がありました。

また、多すぎるチェックポイントに縛られて、「 素振り 」自体も気持ち良く振り抜けていない人も目立ちます。

そのような問題点をクリアしながら、一歩一歩ステップを踏むことで、よいスイングを身につけられるようになる、新しい「 素振り 」の方法です。

トレーニングを重ねることで、下半身の無駄な動きを抑えられ、正確なインパクトを身につけられることを実感して下さい。

 

具体的なステップ

それでは、『 究極の素振り打法 』を身につけるための、具体的なステップの流れを説明します。

ステップ1 ➔ 両足を閉じて、素振り

ステツプ2  両足を閉じて、ボール打つ

ステップ3  両足を閉じて、目を閉じて、ボールを打つ

ステップ4  通常のスタンスで、目を閉じて、素振り

ステップ5  通常のスタンスで、目を閉じて、ボールを打つ

● ステップ6  通常のスタンスで、ボールを打つ

 

このようなステップを踏みながら、最終的には「 素振り 」のままのスイングで、以前よりもレベルの高いナイスショットが打てるように目指します。

各ステップの中のチェックポイントに従ってトレーニングを積むことで、自分が抱えていた多くの問題点と改善方法が明確に見えてきます。

その中には誰もが、「 そうだったのか… 」という気づきがあるはず。

そしてワンステップごとに、ナイスショットへの道筋が少しずつ開けてくることでしょう。

 

※ 例えば、「 両足を閉じて、ボールを打つ 」というステップは、ゴルフレッスンの中でも使われている手法ですが、そのステップだけで終わりではなく、「 通常のスタンスで、ボールを打つ 」というステップまでのつながりを理論的にも感覚的にも関連づけられることが、このトレーニング方法のポイントになっています。

 

次回からは【 その2 】で、いよいよその方法を具体的に説明していきます。

このシーズンオフの機会に、是非チャレンジして下さい。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

人気ブログランキング