シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

お勧めしたいグリップの握り方 この握り方を是非一度お試しください

time 2017/09/07

お勧めしたいグリップの握り方 この握り方を是非一度お試しください

ゆるゆるグリップの落とし穴 各自に適した握り具合を追求しましょう 】で、グリップの握り具合について説明しました。

各自の身体の特徴や技術レベルに合わせて、グリップの握り具合と力加減を見つけだしたほうが上達の早道だと考えています。

そこで今回は、自分に適したグリップの握り具合と力加減を見つけ出しやすいグリップの握り方を紹介します。

 

プロゴルファーと比較すると、ゴルフ歴も練習時間も大きく違うので、彼らの推奨する方法が、全てのアマチュアゴルファーに適しているとは限りません。

多くの情報の中から、各自にとっての最適な方法を見つけ出すヒントは多いほうがよいでしょう。

 

sponsored link

お勧めしたいグリップの握り方があります

今回は各自に適した握り具合を見つけ出すための、まさに鍵を握っていると言える、グリップの握り方の形について説明します。

ゴルフのグリップの握り方と言えば、

オーバーラッピング

インターロッキング

テンフィンガー ( ベースボール )

一般的にはこの3種類の握り方に分類されています。

これらの握り方についておさらいすると…

オーバーラッピング

最も一般的な握り方。

プロゴルファーもアマチュアゴルファーも、この握り方が最も多いと思います。

 

インターロッキング

タイガーウッズがこの握り方だったので、その影響を受けたプロゴルファーも多いようです。

松山英樹選手、石川遼選手もこの握り方。

 

テンフィンガー ( ベースボール )

非常に少数派の握り方。

勝みなみ選手と時松隆光選手の活躍で注目されるようになりました。

野球のバットを握るように10本の指でグリップを握る。

左右の親指の握り方によって、その中でも種類が分かれます。

 

これらのグリップの握り方には一長一短があるので、「 皆がやっているから… 」と言うのではなく、自分の個性と特徴に合う握り方にしたほうがよいと思います。

 

その中で今回お勧めしたいのが、③ テンフィンガーです。

そのテンフィンガーの中でも、オーバーラッピングを外したテンフィンガーの握り方を、是非一度試してみて欲しいと思います。

オーバーラッピングを外したテンフィンガーとは、オーバーラッピングしている右手の小指を左手から外して、他はそのままの形で握る方法です。

 

この握り方がよさそうだと思ったきっかけは勝みなみ選手です。

アマチュアの高校生でプロの大会に優勝した勝みなみ選手に注目した時に、そのグリップの握り方に興味を持ちました。

それまでテンフィンガーと言えば、一般的なベースボールグリップだと思っていて、その握り方にはあまりメリットを感じていなかったのです。

しかし勝みなみ選手の握り方は、メリットが多そうに感じました。

 

ちなみに勝みなみ選手は、基本的にこの握り方なのですが、過去の怪我の影響で左手の人差し指を少し浮かせているそうです。

時松隆光選手は、両手の親指を伸ばさずに握る、一般的なベースボールグリップになっているように見えます。

 

☆ オーバーラッピングしないテンフィンガーのメリット

この握り方、僕がゴルフをアドバイスしている多くのアマチュアゴルファーに試してもらっていますが、皆さんに好評で、この握り方を現在も続けています。

そのメリットとは…

両手がグリップにしっくりとフィットしやすい。➔ グリップを握る長さが長くなるので、スイング中のクラブの「 グラグラ 」を抑えられて、「 ゆるゆる 」すぎず、「 ガチガチ 」にならない、絶妙なグリップの握り具合を作りやすい。

指や手のひらが痛くなりにくい。➔ 練習量を増やすことが出来ます。

身体の疲労感が少ない。➔ 無駄な力が抜けるからなのか?練習量が増えるだけでなく、ラウンドの疲労感も減少しているようです。

クラブのコントロール性が向上。➔ ゴルフの技術向上、スコアアップに結びついています。

 

● デメリットとしては、若干ヘッドスピードが落ちるかもしれません。

しかしその分は、右手のパワーを有効に使えることと、コントロール性の向上で補えるので、飛距離が落ちることはないと思います。

 

このようにメリットの多いオーバーラッピングしないテンフィンガーの握り方

上記のメリットの内容から特に女性ゴルフファーに好評で、僕の奥さんはこの握り方にしてからベストスコア71をマーク。

ラウンド仲間の女性も、今年自己ベストを更新して79を2回マークしました。

男性陣も確実に効果が表れています。

 

ちなみにこの握り方、ドライバーショットなどのフルショットだけでなく、アプローチショットなどのコントロールショットでも同じように握っています。

 

今回は、お勧めしたいグリップの握り方として、オーバラッピングしないテンフィンガーを紹介しました。

絶妙なグリップの握り具合と力加減をつかむことが出来ると思います。

メリットが多いこの握り方、是非体感してみて下さい。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング