シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

アマチュアゴルファー必見! ドライバーショットのインパクトの真実

time 2017/05/15

アマチュアゴルファー必見! ドライバーショットのインパクトの真実

インパクトでのフェース面のコントロールは、ゴルフスイングの重要なポイントの1つです。

どんなによいスイングをしても、インパクトでフェース面があらぬ方向を向いていたら目標通りにボールが飛んで行きません。

ところがこのインパクトでのフェース面、きっちりとアドレスの状態に戻すことはなかなか簡単ではないのです。

 

sponsored link

実はインパクトでフェース面は戻っていない!

ゴルフ雑誌やゴルフ番組で、プロコーチやプロゴルファーの皆さんがいろいろなスイング理論を説明していますが、その理論はそもそもインパクトでフェース面がしっかり戻っていることが前提で説明されています。

しかしハイスピードカメラで確認してみると、アマチュアゴルファーのインパクト直前でのフェース面は、ほぼ全員が上の写真のような状態になっていて、アドレスの状態には戻っていないのです。

フェース面が開いていて、なおかつロフトが寝ている状態です。

 

このフェース面が戻っていない状態は、ほぼ全てのアマチュアゴルファーに当てはまり、たとえ上級者でもフェース面は5°くらい開いていて、ロフトは3°くらい寝た状態だと思ってよいでしょう。

アベレージゴルファーの場合はもっとその数値が大きくなっています。

それではたとえよいスイングをしても、ボールは曲がり、飛距離も伸びないのは当然です。

 

そこで今回は、フェースが開いていることによる影響を考えてみましょう。

 

スライスもフックもインパクト直前のフェース面の向きは一緒

インパクト直前でのフェース面の開き具合は、面白いことに球筋がスライスの人もフックの人も、実はほぼ同じでした。

インパクト直前のフェース面の向きが同じなのに、インパクト前後のフェース面の動き方の違いによって、スライスとフックに分かれているのです

 

球筋のタイプ別にインパクト前後のフェース面の動き方を説明すると…

☆スライスボール

カット軌道のスイングプレーンの中でヘッドが動いて、インパクト直前ではフェース面が上の写真のように、アドレス状態には戻っていません。

ダウンスイングで開いていたフェース面をインパクト直前まで戻そうとしますが、本人は戻しているつもりでも戻り切っていないのです。

【 ドライバーのスライスの直し方 下半身リードからの脱却で根本的に解決 その1 】でも説明していますが、球筋がスライスの人はインパクト前後でフェースをターンさせる動きが少ないので、フェース面が開いた状態でインパクトすると、ボールはつかまらずに右へのサイドスピンが多いスライスボールになっています。

 

☆フックボール

理想的なスイングプレーンよりもイン側からクラブが下りる傾向がありますが、インパクト直前ではスライスと同じフェース面になっています。

スライスとの違いは、インパクト前後でフェース面をターンさせる動きが大きいことです。

インパクト直前でフェース面が開いているにもかかわらず、その前後で急激にフェースをターンさせるので、ボールがつかまりすぎてフックの球筋になっています。

ボールが左に行ってしまった時に「 フェースがかぶった 」という表現を使いますが、そんな時でも実はインパクト直前ではフェース面は開いていて、その前後で急激にフェースターンをさせすぎてしまっただけなのです。

 

このようにスライスとフック、どちらの球筋もインパクト直前のフェース面が上の写真のようになっていることが一番の問題です。

そこでまずは次の点に注意しましょう。

●スライスの人はカット軌道を修正して、インパクトでフェース面をしっかりと戻し、適度なフェースターンを意識。

●フックの人はインサイドすぎる軌道を修正して、インパクトでフェース面をしっかり戻し、フェースをターンさせすぎないことを意識。

 

しかしフェース面をしっかり戻すことは本当に難しいので、理想を目指すその前のステップとして、次に説明する内容をヒントにして自分のスイングに当てはめてみて下さい。

 

★スライス対策のヒント

球筋がスライスの人でも、たまに左方向に捕まったボールが飛んで行くことがあると思いますが、それはカット軌道のスイングプレーンでクラブが下りてきて、フェース面が開いたままインパクトしたとしても、たまたまフェースターンがうまく出来た時は、つかまったボールが目標よりも左方向に飛んで行きます。

スライスに悩む人がこのようなボールを打てた時はチャンスです。

もう少しカット軌道にならないようにクラブを下ろし、フェース面が多少開いたままのインパクトでも、その後のフェースターンがうまく出来れば、目標方向によいボールが飛んで行くでしょう。

 

★フック対策のヒント

球筋がフックの人は、ボールをプッシュアウトして右方向に真っすぐ飛び出すケースが時々あるはずですが、この現象はフェースターンが急激すぎずに、スムーズに出来てしまったことによるミスなのです。

インサイドから下りてきたクラブが( つまり目標よりも右方向に )、フェース面も右を向いた状態で、適度なフェースターンになったことで、真っすぐ右方向にボールが飛び出すのが、プッシュアウトです。

つまりその状態はナイスショットとは紙一重なので、意外にプッシュアウトしてしまった時のほうが、よい当たりだったと思いませんか?

もう少しアウトサイドからクラブを下ろし、プッシュアウトした時のようにスムーズなフェースターンが出来れば、ボールは目標方向に飛んで行きます。

 

最後にあらためて強調しておきますが、スライスの人もフックの人も、それどころか自分はストレートボールだと思っている人も、皆さんのインパクト直前ではフェース面が開いていて、なおかつロフトが寝た状態になっています

この点がプロゴルファーとの大きな違いです。

プロゴルファーの皆さんは、フェース面がほぼアドレス状態に戻った状態でインパクト出来ているので、つかまったフェードボールとつかまりすぎないドローボールを打つことが出来るのです。

 

プロゴルファーのようにしっかりとフェース面を戻す方法は、【 ドライバーショット改善の第一歩はフェース面をしっかりと戻すこと! 】で考えていきます。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング