シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

そろそろ皆さんも短尺ドライバーを…!? その時が確実に近づいてきました!

time 2018/10/28

そろそろ皆さんも短尺ドライバーを…!? その時が確実に近づいてきました!

このブログでは【 クラブセッティング 】で、小型ヘッドの短尺ドライバーの優位性と作り方のコツを説明してきました。

残念ながら、まだまだクラブメーカーから短尺ドライバーが発売されることはありませんが、確実にその時が近づいているようです。

今回は、その流れが早まりそうな例を紹介します。

sponsored link

短尺ドライバーの優位性が実証されました!

ゴルフトゥデイ11月号で面白い記事を発見しました。

毎月多くのゴルフ雑誌を可能な限り目を通していますが、説明する人物が変わるだけで、伝えられる内容には目新しいものが少なく、物足りなさを感じていました。

 

短尺ドライバーに関する注目記事について

そんな中で、ゴルフトゥデイの11月号の中に面白い記事が2つ掲載されていました。

その1つが、[ 飛ばしのトレンド PART1 短尺で飛ばせ! ]です。

その記事には、長尺ドライバーよりも短尺ドライバーの優位性が理論的に説明されていて、少し異を唱えたい部分もありますが概ね同意できる内容です。

そこに加えて、4人のテスターの実証データも公開されていて、なんと4人ともに短尺ドライバーのデータが長尺ドライバーを上回っていました。

平均飛距離はもちろんですが、最大飛距離も4人ともに上回っていたのです。

このようにデータまで公開されてしまうと、皆さんの感心も一気に高まることでしょう。

このデータに付け加えるならば、この計測データはおそらく室内での計測のようですが、これが実際のコース上なら、風の影響と視覚的な影響によって、もっと短尺ドライバーの優位性が際立ってくるはずです。

 

ところが内容に残念な点が…

ただし…この記事には重大なオチがありました。

この記事で使用した長尺ドライバーはなんと47.5インチで、短尺ドライバーでさえも45.5インチだったのです。

45.5インチでは確実に長尺の部類に入るので、それで長尺と短尺の比較として語るには不十分な内容とデータですね。

本当に短尺ドライバーの優位性を語るのなら、長尺ドライバーを45.5インチで、短尺ドライバーは44インチくらいを用意してから、理論とデータを公開してほしかったと思います。

 

短尺ドライバーの発売はいつになるのか!?

そんな少し残念な点もありましたが、この記事をきっかけにして短尺ドライバーの関心が高まることは間違いないでしょう。

このブログ内でも、短尺ドライバーに関連する記事に人気が集まっていますが、ゴルフ界全体で短尺ドライバーの人気が高まってくれば、次の関心事は各メーカーからの発売時期です。

はたして市販されるのはいつになるのでしょうか?

 

最後に

現在僕がアドバイスしている友人達は、全員が短尺ドライバーを使用していて、長尺に戻したいと思う人は誰もいません。

それほどに打ちやすく、飛距離も十分な結果が得られています。

ただし、各自に合う短尺ドライバーを製作するためには、適したヘッドとシャフトの選択が重要で、鉛によるヘッドバランスの調整も必要になるでしょう。

もし自分で短尺ドライバーを製作してみたいのなら、その点を【 クラブセッティング 】で詳しく説明しているので、余計な失敗のないようにしてチャレンジして下さい。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

人気ブログランキング