シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

短尺ドライバーをコースで実際に試してみました! その3 プロギアT3 model 105

time 2017/09/27

短尺ドライバーをコースで実際に試してみました! その3 プロギアT3 model 105

短尺ドライバーを制作して、コースで実際に試したインプレッションをシリーズとして報告しています。

前回の【 短尺ドライバーをコースで実際に試してみました! その2 ツアーステージXドライブ410 】では、43.5インチというかなり短いシャフトに410ccの適度に小ぶりのヘッドの組み合わせを試しました。

 

sponsored link

短尺ドライバーのインプレッション その3

今回は、【 遂に国内女子ツアーにも短尺ドライバーブームか!? 穴井詩選手が44インチで優勝! 】で紹介した、穴井詩選手のドライバーの仕様に近いクラブを試してみました。

穴井詩選手のドライバーの仕様は、45インチ ( または44.5インチ ) のフレックスSから、44インチへの変更とともにフレックスをXに変更していました。

この変更の意味するところは、シャフトを短くし、なおかつ硬くすることで、アイアンのような振り味でビュンビュン振りたいのだろう、と勝手に想像して、その穴井詩選手の変更に相当するドライバーを制作してみました。

 

今回選択したドライバーは、ヨコハマ プロギアT3 model 105です。

このドライバーは、テスターである僕の奥さんが過去にエースドライバーとして使用していたクラブです。

年齢とともにシャフトがハードに感じてきたので、しばらく自宅に眠っていました。

 

☆プロギアT3 model 105のスペック

ヘッド体積:440cc

ロフト:10.5°

シャフト:グラファイトデザインPT6 S 43.75インチ

 

● 選択の理由

このヘッドの標準のシャフトの長さが44.75インチなので、1インチカットして43.75インチに変更。

テスターの奥さんがもし現在ドライバーを選ぶ場合は、たとえ同じ重さのシャフトでも、ワンフレックス柔らかいスペックを選んでいます。

つまり、44.75インチのPT6を使用するならば、現在はSRを選択することになるでしょう。

それならば、44.75インチのSシャフトを1インチ短くすれば、穴井詩選手の短尺ドライバーへの変更と似たような状態になると思ったのです。

このヘッドは少しだけ小ぶりな440ccなので、構えた時の見た目の印象も穴井詩選手の仕様に近いと思います。

 

● 練習場でのインプレッション

43.75インチで440ccのヘッドの組み合わせは、ヘッドは十分に大きく感じます。

45インチの460ccのクラブと同じような見た目の安心感があります。

打ち始めの印象は、やはりハードです。

シャフトのしなりを使おうとしても、しなってはくれません。

そこでこのクラブの狙い通りに、「 アイアンのように短くて重いクラブを振る 」という感覚に考え方を変更してもらい、打ち続けてもらいました。

すると徐々によいボールが打てるように変化。

このヘッドのライ角は、もともと60.5°とかなりアップライトな設定だったので、短尺になってもライ角が不足している感じはありません。

力強い中弾道のボールは、非常によい感じで伸びて行きました。

 

● コースでのインプレッション

スタートホールの一発目、素晴らしい中弾道のボールがイメージ通りに飛んで行きました。

飛距離も過去のベストに匹敵するほどです。

これはいける!?と思いましたが…。

その後はなかなかナイスショットが続きません。

実際のコース上では、シャフトのしなりを使わずに、「 アイアンショットのように振る 」という感覚に馴染めないようです。

結局1ラウンドしても、ベストショットはスタートホールの一発のみ。

そこでもう一回練習場で打ち方を馴染ませて、もう一度ラウンドにトライ。

やはりスタートホールの一発目は素晴らしいボールを打てたのですが、その後が続かないので、残念ながらこの仕様は諦めることにしました。

 

 

今回テストした、シャフトを短くしてフレックスをハードにする方法は、可能性は感じたものの、穴井詩選手のようなハードヒッターでないと難しいと思いました。

 

 

★3本の短尺ドライバーのテストを終えて…。

これでそれぞれ特徴のある3本の短尺ドライバーのテストが終了。

貴重なデータとフィーリングを得ることが出来ました。

 

その1 】と【 その2 】には、それぞれ続報を追加しているので、そちらももう一度ご確認下さい。

 

この3本の短尺ドライバー、それぞれに一長一短がありますが、短尺ドライバーの魅力と可能性は十分に感じることが出来ました。

 

 

僕の友人も、以前は460ccのヘッドで45.5インチのドライバーに飛距離を求めていましたが、今回の我が家の短尺化作戦に触発されて、少し小ぶりな445ccのヤマハRMX116を購入して、短尺化の仕様設定を煮詰めているところです。

 

実際に制作してテストしてみたこれらのデータを基に、次回は理想的な短尺ドライバーの仕様についてまとめてみます。

お楽しみに…。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング