シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

パターの距離感の出し方 勘に頼らない新発想の方式を説明します

time 2017/06/30

パターの距離感の出し方 勘に頼らない新発想の方式を説明します

パッティングはゴルフスコアの中で大きな比率を占める項目です。

そのパッティングを安定させるための一番重要になるポイントは、距離感だと思います。

距離感さえ合えば、多少ラインの読みを間違えても、それほど困ることはないでしょう。

ところがその距離感をつかむことが、なかなか簡単ではありません。

各コースのグリーンの状態に対して、自分のタッチを合わせる…。

その難しい課題をマスターするための様々な方法とコツを、プロゴルファーやプロコーチが教えてくれていますが、なかなか自分に合う方法が見つかっていないのではないでしょうか?

皆さん、パッティングの距離感の合わせ方に自信がありますか?

アマチュアゴルファーの場合は、プロゴルファーのように早めに会場に入り、入念なパッティング練習をするというケースは少なく、短時間でタッチを合わせなければならない状況が多いと思います。

そんな状況でタッチを合わせるのは、実際問題としては至難の業。

 

sponsored link

パターの距離感を合わせる新発想

そこで短時間で距離感をつかむための、発想を変えたオリジナルな方法を考えたので、その方法をご紹介します。

その方法とは、そのコースのグリーンに自分の距離感を合わせるのではなく、自分の距離感を基準にしてそのコースのグリーンに合わせる方法です。

この説明を聞いただけでは「 はぁ? 」になると思いますが、これから細かく説明するので是非参考にして下さい。

 

その方法の名前は「パッティング換算法」です。

自分のタッチの具合を数値として換算する方法なので、このように名付けました。

それではその方法を説明します。

☆ 第1ステップ基本的な考え方の確認

練習グリーンの平坦な場所を探して、目標を決めずに先ずは目を閉じて自分の感覚だけを頼りに、「 自分なりの5歩 」の距離感でストロークしてみましょう。

ボールを数球打ってみて距離が安定したら、実際にボールが転がった距離を自分の歩数で計ります。

自分は「 5歩 」打ったつもりが、実際には4歩だったり、7歩であっても問題ありません。

その歩数を確認することによって、その日の自分のタッチとそのコースのグリーンの速さを関連付けることが出来るのです。

この方法を何人かのアマチュアゴルファーに試してみると、全員が「 実際の5歩 」以上に転がりました。

自分の持っているタッチが強い人は、15歩くらいまで転がる場合があります。

しかしそれでも全く問題ありません。

自分の感覚で「 5歩 」打ったものが15歩であっても、そのタッチが15歩で安定していればOKなのです。

大事なことは、「 自分なりの5歩 」がたとえ「 実際に何歩 」であっても、安定していれば大丈夫。

 

ただし、ここで「 5歩 」を打ったつもりが、5歩だったり、10歩だったりと大きくバラついている場合は大問題。

そこまで距離感が安定しない人は、これから説明する方法を試しても効果がないので、もう少し基本的なパッティング練習を積んで下さい。

 

しかし実際には、スコア70台~110台のレベルの差があるアマチュアゴルファーで試したところ、それぞれのタッチの強さには差がありましたが、「 自分なりの5歩 」という距離感に対しては各自が意外なほど安定していました。

 

この「 自分なりの5歩 」は、その日の自分のタッチとコースのグリーンの速さによって、毎回若干変わりますが、第1ステップでは「 自分なりの5歩 」が「 実際の5歩 」ではないことを理解してもらえればOKです。

 

☆ 第2ステップ換算する数値の検出

「 自分なりの5歩 」と「 実際の5歩 」が違うことを理解した上で、今度は換算の基準にする数値を検出します。

言葉にすると難しいと思われるかもしれませんが、簡単なので大丈夫です。

まずは練習グリーンの中で、実際のコースによくあるような上りの傾斜を見つけて下さい。はっきりと上りだと分かる傾斜です。

次にその上り傾斜の5歩分の距離の所に、適当な目印を置きます。

そしてその「実際の 上り5歩 」に対して、「 自分なりの何歩 」の距離感で届くか確認して下さい。

第1ステップで確認したように、平坦な「 実際の5歩 」よりも「 自分なりの5歩 」のほうがタッチが強い傾向なので、この場合上りであっても「 自分なりの3歩とか4歩 」のタッチで届くと思います。

「 実際の上り5歩 」に対して「 自分なりの何歩 」かを確認したら、今度は同様に「 実際の下り5歩 」を確認します。下りの場合は当然上りよりも少なく、「 自分なりの1歩や2歩 」のタッチで届くでしょう。

 

このようにして「 自分なりの上りと下りの数値を検出します。

そこでこれからの説明を分かりやすくするために、「 実際の上り5歩 」のところを「 自分なりの4歩 」、「 実際の下り5歩 」が「 自分なりの2歩 」、「 実際の平坦5歩 」は「 自分なりの3歩 」になったと仮定して、これからの説明ではこの数値を基準値として使用していきます。

 

ここまでの説明をまとめると、ほとんどの人が「 実際の5歩 」に対して、

「 自分なりの5歩 」のほうがタッチが強く出てしまう傾向があります。

それを自覚せずに、各コースのグリーンに対して、歩測もしないで見た目だけで距離感を出そうというのは、山勘のようなものです。

たとえ歩測をしても、「 実際の5歩 」と「 自分なりの5歩 」が大きく違うのに、その事実を認識しないで、無理に距離感を合わせることはとても難しい作業です。

「 実際の5歩 」に対して「 自分なりの5歩 」を感覚だけを頼りに距離感を合わせるよりは、「 実際の5歩 」に対して、例えば今日のグリーンの速さと自分のタッチの相性は「 自分なりの3歩 」だと認識するほうが、はるかに簡単で根拠を持ってプレーの中で距離感を合わせていけるのです

例えばプロゴルファーのように毎日多くの練習を積むのなら、「 実際の5歩 」と「 自分の5歩 」の感覚を一致させることが出来るかもしれません。

しかしアマチュアゴルファーの場合は、そこまでの領域に達するのは至難の業。

それよりも、その日の自分のタッチとグリーンのスピードをうまく関連付けて、距離感を出すことが出来るなら、はるかに簡単でその精度が上がります

 

その新方式の距離感の出し方は、【 パッティングの距離感の合わせ方 自分のタッチを生かす新方式でグリーンを攻略! 】で説明します。

 

 

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング