シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

マスターズはいよいよ決勝ラウンドへ 華麗なるバーディ合戦を制する者は!?

time 2017/04/08

マスターズはいよいよ決勝ラウンドへ 華麗なるバーディ合戦を制する者は!?

2017年のマスターズ

天気予報通りの強風の中、意外にも予選ラウンドは大きな波乱はなく終了。

決勝ラウンドは風も弱い好天の下で行われます。グリーンは例年よりも柔らかいので、バーディ合戦が予想されます。

目が離せない激戦を征する者は…!?

 

期待の日本人トリオ、残念ながら予選を通過したのは松山英樹選手のみ。

グリーンが柔らかいので、池田勇太選手、谷原秀人選手にも十分にチャンスがあると予想しましたが、やはりオーガスタの強風は手強かった。

ずっと強風が続いているのならまだしも、オーガスタの風は急に突風が吹いたと思ったら、いきなり「ピタッ」と止んでしまう曲者です。

さすがに久々の出場となった二人には、その対応は厳しかったと思います。

是非二人にはこのまま世界ランクをキープしてもらい、来年も挑戦してもらいましょう。

 

sponsored link

優勝を狙える松山英樹選手

松山英樹選手はさすがでした。

ショットの安定度は抜群。トップと6打差なら、十分優勝の可能性があるでしょう。

注目して欲しいのはアイアンショットの打ち方です。

2日目の10番ホールで見せたアイアンのセカンドショット。

高い打ち出し角で飛び出して、パラシュートのように「ふわり」と落下して優しく止まりました。

このようなボールを打てるのが松山英樹選手と世界のトップクラスの選手達。

グリーンの状況とピンポジションに合わせて、「ふわり」と落とすのか?

それとも「ギュギュッ」とバックスピンで戻すのか?

その選択に注目して下さい。

その松山英樹選手、予選ラウンドでのパーオン率がトップだったらしいので、ショットは絶好調。

あとはどこまでパットが入ってくれるのか?

パットさえ決まれば現在の6打差はないも同然。優勝も見えてきます。

決勝ラウンドの大活躍に期待しましょう。

 

優勝を狙う注目選手は?

リッキー・ファウラー選手。世界ランク8位。

予選ラウンドはトップタイ。超攻撃的なゴルフと43.5インチの短尺ドライバーに注目しましょう。

弱点があるとしたら、勝負所でのパッティング。

祖父が日系2世でミドルネームが「ユタカ」ということもあり、応援したい選手です。

 

ジョーダン・スピース選手。世界ランク8位。

予選ラウンド10位タイから2回目の優勝を狙います。

オーガスタのコースとは抜群の相性で勝負強いパッティングも魅力。

昨年優勝目前で失速したリベンジに対する気持ちの強さも武器になるので、優勝候補No.1かも…。

 

ローリー・マキロイ選手。世界ランク2位。

予選ラウンド13位タイ。マスターズを優勝すれば生涯グランドスラムの大記録を達成出来ます。

2011年優勝目前で大失速したリベンジはかなうのか?

 

アダム・スコット選手。世界ランク9位。

ジョーダン・スピース選手と同様に、予選ラウンド10位タイから2回目の優勝を狙います。

ショットの精度は抜群なのですが、ショートパットに苦しんでいます。

前回の優勝では長尺パターが武器になりましたが、今回はどう対処してくるのか?

ショートパットさえ決まってくれるなら優勝の可能性大です。

 

フィル・ミケルソン選手。世界ランク18位。

予選ラウンド10位タイ。4回目の優勝を狙うベテラン健在です。

注目すべきは小技のテクニック。

非常に多彩な技を持っていますが、参考にしたいポイントがヘッドの入れ方です。

緩やかな入射角でクラブヘッドをボールの下に滑らすようにしながら、ボールの質をコントロールしています。

緩やかな入射角なので「ザックリ」や「トップ」のミスが出ない点に注目して下さい。

 

トーマス・ピータース選手。世界ランク35位。

予選ラウンドトップタイ。196cmの身長を生かしたスケールの大きいゴルフが魅力。

このままの調子を維持出来れば大穴的存在になるかもしれません。

 

その他にも有力選手が上位をキープしているので、優勝予想は簡単ではありません。

いずれにしても、好天の下でのバーディ合戦は必至。

決勝ラウンドの2日間を存分に楽しみましょう。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

人気ブログランキング