シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

全英オープンがいよいよ開幕! 期待の松山英樹選手は初日好スタート

time 2017/07/21

全英オープンがいよいよ開幕! 期待の松山英樹選手は初日好スタート

7月20~23日開催の全英オープンがいよいよ開幕しました。

今回の開催コースはロイヤル・バークデールGC。2008年以来の9年振りの開催になります。

 

sponsored link

松山英樹選手のメジャー初制覇に期待大!

注目はなんと言っても、松山英樹選手。

日本人選手メジャー初制覇の期待は高く、世界ランク2位で臨む今大会は世界中の注目を集めています。

 

そんな松山英樹選手、初日は2アンダーの12位スタート。

メジャーに限らずどの大会もスロースターターの傾向がある松山英樹選手ですが、今回は好スタートを切りました。

自身20回目となるメジャー大会の中で、初日としては最小スコアです。

ますますメジャー初制覇の期待が膨らむ全英オープン

皆さんも睡眠不足の日々となるのではないでしょうか?

 

その松山英樹選手、ショットの調子はよさそうですね。

惜しくも2位に終わった全米オープンの大会期間中から上向いている調子は、今大会でも継続出来ている印象。

調子が悪い時に見られるスイング軸が左に移動してしまう動きは、今回はよく抑えられているようです。

時々少し左に流れる場面がありましたが、そんな時はやはり少々ミスショット気味になっていました。

しかしあのスイングパワーで、回転軸が左に流れないようにするのは至難の業。

初日の調子が維持出来るなら、かなり期待が出来そうです。

 

初日と2日目を一緒にラウンドする今回の相手が、なんとブルックス・ケプカ選手とトミー・フリートウッド選手の二人。

この二人はともに全米オープンの優勝を争った相手。

特にブルックス・ケプカ選手はその全米オープンの優勝者。

しかも、2015年のウェイストマネジメントフェニックスオープンでも松山英樹選手を2位に抑えて優勝しています。

松山英樹選手にとってはまさに天敵とも言える選手なのです。

今回はそのリベンジのチャンスでもあり、2日間の同組対決でも負けたくない相手。

そのブルックス・ケプカ選手は初日5アンダーでトップスタート。

やはり強敵です。2日目の直接対決はいかに!?

 

松山英樹選手以外の日本人選手は、池田勇太選手、谷原秀人選手、宮里優作選手の3名が参加。

初日は宮里優作選手がイーブンパーで40位タイ、前半のつまづきを後半に見事に挽回して、まずまずのスタート。

池田勇太選手は1オーバーで58位タイ、こちらも前半に苦戦しましたが挽回。

谷原秀人選手は7オーバーの142位タイと出遅れてしまいました。

 

今回は日本人選手が計4名と少ないのですが、一人でも多く予選を通過して欲しいと思います。

 

それでは松山英樹選手のメジャー制覇を夢見て、寝不足に負けずに全英オープンを楽しみましょう。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング