シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

全米女子オープン 宮里藍選手が最後の挑戦! 日本人選手は9名出場

time 2017/07/14

全米女子オープン 宮里藍選手が最後の挑戦! 日本人選手は9名出場

7月13~16日に全米女子オープンが開催されます。

今回の開催コースは、トランプナショナルGCベドミンスターです。つまりあのトランプ大統領の所有コース。

最終日にトランプ大統領本人が来場するのか?しないのか?と早くも大騒ぎの状態。はたしてどんな大会になるのでしょうか?

 

sponsored link

宮里藍選手の全米女子オープンへのラストチャレンジ

今大会は、今シーズン限りの引退を発表した宮里藍選手にとっては、最後の全米女子オープンになります。

確か宮里藍選手は、全米女子オープンの優勝を夢見て、アメリカツアーの挑戦を始めたはずなので、今大会への思いは誰よりも強いのではないでしょうか?

悔いのない戦いをして欲しいと思います。

 

今大会への日本人選手の参加は計9名。

宮里藍選手、野村敏京選手、横峯さくら選手、宮里美香選手のアメリカ女子ツアーが主戦場のメンバーに加え、国内女子ツアーから鈴木愛選手、川岸史果選手、渡邉彩香選手、葭葉ルミ選手、森田遥選手が参加します。(森田遥選手の国籍は中国になっていますが…)

その他にも国内女子ツアーからキム・ハヌル選手、イ・ミニョン選手、申ジエ選手、サイ・ペイイン選手が参加します。

 

この中で特に注目したいのは、川岸史果選手です。

皆さんご存知の通り、父親が川岸良兼選手、母親も女子プロゴルファーというゴルフ界では超サラブレッドの22歳。

プロテスト突破に苦労しましたが今シーズン大ブレイク。現在国内女子ツアー賞金ランク10位につけています。

一番の話題はなんと言っても今大会のキャディを川岸良兼選手が務めること。

普段は現在国内シニアツアーで活躍する川岸良兼選手と、どちらが早く初優勝するのかを競い合っている関係。

どのようなコンビネーションを見せてくれるのかが非常に楽しみです。

父親譲りのパワフルなプレーが魅力の川岸史果選手。

近い将来に米国女子ツアー参戦を狙っているらしいので、パワーでは負けないところを見たいですね。

 

優勝候補としては、やはり世界ランクの上位選手が注目されるでしょう。

現在世界ランク1位は韓国のユ・ソヨン選手、世界ランク2位はタイのアリヤ・ジュタヌガン選手、世界ランク3位はアメリカのレクシー・トンプソン選手、世界ランク4位はニュージーランドのリディア・コー選手、世界ランク5位は韓国のチョン・インジ選手と続いていて、これらの選手はやはり実力も安定度も飛び抜けている印象です。

 

このような凄い選手達を相手に、一時は世界ランク1位に輝いていた宮里藍選手は、あらためて考えても凄い功績を残してくれました。

最後の全米女子オープン、宮里藍選手らしい戦いぶりに注目しましょう。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング