シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

松山英樹選手惜しくも2位! 全米オープンゴルフ優勝まであと一歩に迫る

time 2017/06/19

松山英樹選手惜しくも2位! 全米オープンゴルフ優勝まであと一歩に迫る

全米オープンゴルフ選手権で、松山英樹選手は優勝まであと一歩届かず、惜しくも2位タイに終わりました。

しかしこの成績はメジャー大会では自己ベスト。

日本人選手としては青木功選手の単独2位に続く好成績。

いよいよ日本人選手による夢のメジャー初制覇が射程圏内に入ってきました。

今回の成績によって世界ランクも自己最高位、そして日本人選手最高位の2位に上がりました!

次のメジャー大会は7月20~23日の全英オープン

その全英オープンでメジャー初制覇、そして世界ランク1位…という話も夢物語ではなくなってきました。

日本のゴルフファンにとっては、期待に満ちた1カ月になりますね。

 

sponsored link

松山英樹選手のスイングが復調

その松山英樹選手、スコアが証明しているようにショットの調子も上がってきました。

最近の不調の原因の1つと思われる、スイング軸が左に移動する問題ですが、3日目の途中からよくなっているように見えました。

正面からのスロー映像を見ないと正確な判断は出来ませんが、最近続いていた状態よりも明らかに改善されていると思います。

ただし、松山英樹選手はスイングに関しては何もコメントしていないので、スイング軸が左に移動しなくなったから調子がよくなったのか?調子がよくなったからスイング軸が移動しなくなったのか?

それとも、スイング軸の移動は調子とは無関係なのかもしれません。

唯一スイングに関する情報としては、2週間前からスイング改造をしていた、ということだけです。

 

松山英樹選手のスイングを参考にするなら

ただ、アマチュアゴルファーが松山英樹選手のスイングを参考にするならば、大事なポイントは「 スイング軸が移動しないこと

その点に関しては【 まるでゴルフロボット! 松山英樹選手のスイング解説 】と【 松山英樹選手のスイングをアマチュアゴルファーが目指すためのコツ 】で詳しく説明しているので、そちらをご覧下さい。

 

ブルックス・ケプカ選手との因縁が面白い

さてその全米オープンゴルフ、優勝したのはブルックス・ケプカ選手。

メジャー大会初優勝を達成し、今回の成績で世界ランク10位にまで浮上しました。

そのブルックス・ケプカ選手、実は松山英樹選手とちょっとした因縁がありました。

2015年のウェイストマネジメントフェニックスオープンでPGAツアー初優勝を達成していますが、その時に1打差の2位だったのが松山英樹選手。最終日に同スコアからスタートしましたが、残念ながら競り負けてしまいました。

そして招待選手として参戦した2016年の国内男子ツアーのダンロップフェニックストーナメントでは、池田勇太選手との激闘の末、1打差で優勝しています。

それはもしかして日本人キラー…?

しかし松山英樹選手はそれでは終わりません。

2016年と2017年のウェイストマネジメントフェニックスオープンでなんと2連覇を達成しました。

ちなみにブルックス・ケプカ選手は2016年41位、2017年42位で、松山英樹選手がきっちりとリベンジを果たしたことになります。

…となるとこの因縁の流れなら、来年の全米オープンでは松山英樹選手のリベンジが果されるのか!?

 

そんな期待が広がる松山英樹選手です。

sponsored link

プロフィール

Luke (ルーク)

Luke (ルーク)

テクニカル分析が得意な元プロスポーツ選手です。  ゴルフ界の常識にとらわれずに、ゴルフをもっと簡単にプレー出来るように研究しています。 詳しいプロフィールはこちら➔ [詳細]



sponsored link

アーカイブ

人気ブログランキング