シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

松山英樹選手が遂に世界ランク3位に浮上! 今後の見通しはいかに?

time 2017/05/17

松山英樹選手が遂に世界ランク3位に浮上! 今後の見通しはいかに?

松山英樹選手が最新の世界ランキングで遂に3位に浮上しました。

これは過去の日本人選手の中でも最上位になります。

 

現在の世界ランクの状況を確認すると、世界ランク1位はダスティン・ジョンソン選手。世界ランク2位はローリー・マキロイ選手。この1位と2位の差はかなりあるので、簡単には追いつけないでしょう。

一方、2位と3位の差はそれほど開いていないので、松山英樹選手は当面2位狙いで頑張って欲しいですね。

 

そこで現在2位のローリー・マキロイ選手に心配な情報が…。

1月に疲労骨折していた肋骨をまた痛めたそうです。それほど重症ではないようですが、職業病とも言える部位の故障なので、今後の参戦状況は故障個所の経過しだいになりそうです。

 

2位を狙って欲しい松山英樹選手ですが、実は7位まではポイント差が非常に少ないので、このポジションをキープするだけでも大変な状況。

そろそろもう1勝して後続を突き放して欲しいところです。

 

sponsored link

松山英樹選手の現在の調子は?

その松山英樹選手、最近の調子は悪くはないものの、絶好調とは言えない状況。

松山英樹選手の不調がちょっと心配 チューリッヒクラシックのダブルス戦は32位に終わる  】でも心配して、その後のスイングの状態をチェックしていましたが、ザ・ブレーヤーズ選手権でもスイング軸がやや左に移動していました。

ザ・ブレーヤーズ選手権も本当はトップ10圏内に入れたはずなのに、3日目のショートホールで「 池ポチャ 」を2回やってしまいました。どちらも右からのアゲンストに乗って左にボールが巻くように流されてしまったもの。

そのミスはスイング軸が左に移動していることで、本人のイメージよりも、インパクト時にハンドファーストでフェースがかぶり気味になっているように見えました。

このスイング軸の左への移動が本人の意思なのか、それとも無意識なのかは分かりませんが、現在の状態のままでは、松山英樹選手の武器である「 つかまった力強いフェードボール 」のキレ味が落ちてしまうと思います。

今後のスイングの状態がますます気になりますね。

 

韓国のキム・シウー選手が大健闘

ザ・プレーヤーズ選手権で優勝したのは韓国のキム・シウー選手。「  第5のメジャー  」と言われるこのビックイベントの最年少記録を更新しました。

そのキム・シウー選手のスイングはやはり現在の主流になってきているスイングです。松山英樹選手と同様にゴルフロボットのようなシンプルで無駄のないスイングをしていました。

シーズン中には松山英樹選手と練習ラウンドをよく一緒に回っているそうなので、お互いによい相乗効果があるのかもしれませんね。

 

見事だったルイ・ウーストハイゼン選手のアイアンショット

【 第5のメジャー。ザ・プレーヤーズ選手権はルイ・ウーストハイゼン選手のアイアンショットに注目! 】で紹介した、ルイ・ウーストハイゼン選手は残念ながら2位でしたが、そのアイアンショットは本当に素晴らしいものでした。

スイングの美しさ、リズム、ボールの質、全てが最高水準。

彼のスイングが常に画面に登場するなら、アマチュアゴルファーにも自然によいイメージと感覚が身についてくるでしょう。

 

池田勇太選手の超個性的なスイングが冴える!

池田勇太選手も松山英樹選手とタイの22位と健闘しました。

しかし22位だったにもかかわらず、世界ランクは48位から50位に後退。

50位以内と50位以下では出場出来る試合が大違いなので、さらに頑張ってもらいたいところです。

その池田勇太選手のスイングは、松山英樹選手、キム・シウー選手、ルイ・ウーストハイゼン選手らのゴルフロボットのようなシンプルなスイングとは大違いの、超個性的なスイングです。

従来のゴルフ理論の頂点とも、または「 昭和のスイング 」とも言える今となっては珍しいタイプのスイングです。

身体は左右に動き、膝と腰の動きも大きく、一見すると無駄な動きだらけのスイングから、かなりのハンドファーストのインパクトでボールを強烈につぶしてスピンをかけています。

まさに時代に逆行するかのようなスイングですが、それでも世界ランク50位で戦えているところが、逆に素晴らしい。

アマチュアゴルファーは少ない練習時間で上達しなければならないので、無駄のない効率的なスイングが必要ですが、プロの世界は結果が全て。

個性的でたとえ非効率なスイングでも、結果が伴っていればそれは逆に武器にもなります。

勿論池田勇太選手本人にとっては効率的なスイングなのでしょうから、これからも個性的な職人芸とも言えるスイングでゴルフファンを楽しませて欲しいですね。

 

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング