シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

話題満載の中日クラウンズでアマチュアゴルファーに注目して欲しいのは片岡大育選手!

time 2017/04/28

話題満載の中日クラウンズでアマチュアゴルファーに注目して欲しいのは片岡大育選手!

4月27日から開催されている日本男子ツアーの中日クラウンズは話題満載です

 

sponsored link

レジェンドのプレーに大注目

今大会でまず注目を集めたのが、青木功選手とジャンボ尾崎選手が5年振りに同組で対決!74歳と70歳のレジェンドのレギュラーツアーでの対決は大きな話題になりました。

残念ながらジャンボ尾崎選手が21オーバー、青木功選手が22オーバーで予選落ちになりましたが、あの年齢でレギュラーツアーのコースセッティングでのスコアとしては「 さすが 」の一言です。

距離的にはパーオンが難しいホールばかりの中で、どちらも2日目に70台をマーク出来たのは、衰え知らずの熟練の技によるもの。

アマチュアゴルファーが見習いたいポイントですね。

 

期待の今平周吾選手の初優勝は!?

予選を終わってトップに立ったのは今平周吾選手。現在日本ツアーで最も初優勝が期待されている24歳の選手です。

2打差での決勝ラウンドには、ますます初優勝の期待がかかりますが、はたしてプレッシャーに打ち勝てるのか!?非常に楽しみです。

 

アマチュアゴルファーのよいお手本は片岡大育選手

そして今大会でもう一人注目して欲しい選手が片岡大育選手です。

昨年のこの大会で、優勝目前で失速しプレーオフで敗れるという苦い思い出が…。そのリベンジを期待したいのですが、試合結果とは別に彼のスイングにも是非注目して下さい。

片岡大育選手のスイング、日本ツアーの中では最もアマチュアゴルファーの参考になるスイングだと思います。

そのスイングとは…

  • 下半身リードの動きが少なく、トップからの切り返しで腰の回転に遅れずにクラブヘッドが動く、「 振り遅れ しにくいスイング
  • スイング軸が左に移動しないで、アドレスの位置をキープする「 ぶれない スイング
  • ダウンスイングでは若干タメがあるものの、比較的早いタイミングからクラブに回転運動を与える効率のよいスイング
  • インパクトのグリップ位置は身体のセンター。ハンドファーストのインパクトにはならない再現性の高いスイング
  • アームローテーションが少ない、身体の回転に連動した腕の動きが自然なスイング

 

松山英樹選手に匹敵するスイングの完成度

このスイング、実は松山英樹選手のゴルフロボットのようなスイングにそっくりなのです。

しかし松山英樹選手は、強靭なフィジカルで人間離れしたまさにロボットのようなパワフルなスイングですが、この片岡大育選手はそこまでのパワー感はないものの非常に滑らかな動き方。

アマチュアゴルファーが参考に、そしてイメージしやすいのは片岡大育選手のほうかもしれません。

 

是非、今大会以降も片岡大育選手のスイングに注目して下さい。

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング