シンプルゴルフ ラボ

アマチュアのゴルフをもっと簡単にする研究室

チューリッヒクラシックに注目! 松山英樹選手と谷原秀人選手のコンビネーションはいかに!?

time 2017/04/27

チューリッヒクラシックに注目! 松山英樹選手と谷原秀人選手のコンビネーションはいかに!?

4月27~30日に開催されるPGAツアーのチューリッヒクラシックはメジャー大会並みに楽しめそうな大会です。

 

この大会は通常の個人戦ではなく、2人1組のチーム戦。しかもそのペアの相手選手は国が違っていてもOKというユニークな規則です。

 

日本期待の松山英樹選手は、東北福祉大の先輩である谷原秀人選手を指名しましたが、他の選手は意外性のある面白い組み合わせが実現しています。

 

sponsored link

異色な組み合わせが大会を盛り上げる

その中でも注目したいのは、次の5組。

① 世界ランク3位でオーストラリアのジェイソン・デイ選手と世界ランク9位でアメリカのリッキー・ファウラー選手。この2人のペアは意外でしたが、世界ランク上位同士なだけでなく、超攻撃的なゴルフスタイルの2人なので、非常に楽しみなペアリングです。

② 世界ランク6位でスウェーデンのヘンリック・ステンソン選手と世界ランク8位でイングランドのジャスティン・ローズ選手も強力なペア。この2人はリオデジャネイロ五輪の銀メダリストと金メダリストです。

③ 世界ランク5位でアメリカのジョーダン・スピース選手と世界ランク85位のライアン・パーマー選手の組み合わせも意外でしたが、同じテキサス出身で家族ぐるみのつき合いという関係だそうです。

④ 世界ランク25位でアメリカのバッバ・ワトソン選手と世界ランク43位でアメリカのJ.B.ホームズ選手も面白い。ツアー屈指の飛ばし屋同士のペアがどのようなコンビプレーを見せてくれるのでしょうか?

⑤ 世界ランク11位でアメリカのジャスティン・トーマス選手と世界ランク126位でアメリカのバド・コーリー選手。現在PGAツアー賞金ランク3位と最近上り調子のペアなので、こちらも期待大。

 

今回のダブルス戦はPGAツアーでは36年ぶりという異色の大会ですが、これは東京五輪を見据えた試みなのかもしれません。

今回のフォーマットは1日目と3日目がフォアサム( 1つのボールを交互に打つ )、2日目と4日目はフォアボール( 両選手がそれぞれプレーして、各ホールのよい方のスコアがチームのスコア )で行って、合計72ホールのスコアを競うものです。

80組の160名が出場して、予選通過は35組。

 

日本人ペアの活躍は!?

この変則的な面白い大会で、はたして日本のペアは活躍出来るのでしょうか?

松山英樹選手は現在世界ランク4位で、参加選手中2番目の高ランク。

谷原秀人選手は世界ランク50位。今シーズンは積極的に海外の大会に参加して、10年振りにマスターズにも出場。現在の調子を考えると日本人選手では最強のペアリングと言えるでしょう。

1日目と3日目のフォアサムでは1つのボールを交互に打つことになるので、そのペアによっては使用するボールとの相性が問題になりますが、谷原秀人選手は昨年まで松山英樹選手と同じボール「スリクソンZ-STAR XV」を使用していたので、問題はないようです。

 

松山英樹選手と谷原秀人選手のスイングに注目

2人の活躍だけでなく注目したいのが、そのスイングです。

松山英樹選手のスイング軸はセンター。谷原秀人選手はやや左。それぞれのスイング軸の位置は若干違いますが、どちらのスイングも下半身が先行する動きが少なくスイング軸が左に移動せず、ダウンスイングの開始とともにクラブが回転運動を始めるタメの少ないスイングは、現在の世界の主流となっている効率的なスイングです。

この機会に2人のよいスイングイメージをたっぷりと吸収しましょう。

 

sponsored link



sponsored link

アーカイブ

カテゴリー

人気ブログランキング